今こそ英知を結集して、大胆な意識改革が必要だと思う。

<リオ五輪:陸上>◇21日◇男子マラソン 力の差が、そのまま結果に表れたね。2時間6分台が当たり前の中、日本選手が厳しいレースを強いられるのは予想されたこと。地力のなさは集団の中での駆け引きや細かい位置取り、給水所でのペースアップで余裕のない走りに表れた。

真夏の東京をフルマラソンしたいって思う人が居るのかな…意識改革???その考えも古いのでは???瀬古も現役時代は凛々しかったけど今じゃすっかり具志堅と同じキャラになっちまったなあきらめた方がいい。
オリンピックのマラソンは真夏にやるのに選考レースは冬にやるのかが疑問来年は8月に東京マラソンしてみたらどう?最初から入賞さえもしないと思っていたから惨敗感はない。問題なのは男女ともマラソンに全く期待できる選手がいなかった事。入賞も期待できない場合無理やり出場させる必要があるのか、って思う。
意識改革というのなら駅伝重視の大学とかマスコミを変えないといけないと思うのだが無理でしょリオでは全く期待できる選手がいないのも関わらず、出した。税金の無駄遣いだと言う事がわからないんだろうか。。。
瀬古さん、まるで他人事みたいに言ってるなぁ…現場の監督でしょ?実績のある貴方が陸連にハッキリと言ってくれなきゃ!